グリーンスムージーの美味しい飲み方

赤いリンゴ

粉末タイプのグリーンスムージーは、水で割って飲む方法が一般的です。しかし、他の飲み物と合わせることによって、より美味しい飲み方をすることができます。水で割って飲む飲み方が苦手という方は、ためしてみると良いでしょう。

 

まず、牛乳で割って飲むという方法があります。抹茶ミルクのような味がし、甘ったるい感じになるので甘党の方におすすめの飲み方です。特に、抹茶ラテが好きという方に好まれる味なのではないでしょうか。さらに、水で割って飲むときよりも腹もちがよくなるので、食事をグリーンスムージーに置き換えてダイエットしようと考えている方にもおすすめの美味しい飲み方です。

 

次に、飲むヨーグルトで割って飲むという方法があります。ヨーグルト独特の酸味がグリーンスムージーとマッチして、ラッシーのような味わいになります。ヨーグルトと一緒に摂取することによって、お通じが良くなることも期待できますし、美容にも効果があります。便秘気味の方や、グリーンスムージーを美容目的で飲もうと考えている方におすすめの美味しい飲み方です。

 

それから、豆乳で割って飲むという方法があります。甘ったるいものが嫌いで、どちらかといえばソイラテが好きという方におすすめの方法です。豆乳なので、牛乳ほど甘ったるくならず、さっぱりとした甘さを感じることができます。ただし、万人受けするという感じの味ではないので、豆乳が好きという方が美味しく飲めることのできる方法です。

 

そしてリンゴジュースで割って飲むという方法があります。りんごにもりんご独特の甘酸っぱさがあるので、それとグリーンスムージーが上手くマッチして、トロピカルジュースのような味わいになります。お子さまでも、この方法であれば美味しく飲むことができるのではないでしょうか。乳製品系が苦手という方におすすめの方法です。ジュース感覚で飲むことができるので、毎日でも苦にならずに飲むことのできる方法です。

 

グリーンスムージーをつくるときの美味しい組み合わせ

美味しいグリーンスムージーの定番の組み合わせと言えば、バナナとりんごに小松菜を入れるというものです。どれも低価格で購入することができるので、毎日続けることができます。小松菜自体も元々苦い野菜ではないので、飲みやすいものが出来上がります。グリーンスムージー初心者に方は、まずこれから始めてみてはどうでしょうか。

 

定番から少し発展させた組み合わせといえば、バナナとりんごと小松菜とアボカドを入れるというものです。アボカドも比較的低価格で購入することができるので、毎日続けることができます。アボカドを入れることによって、味わいがクリーミーになります。定番に少しだけ変化をつけたいときにおすすめの方法です。

 

ちょっとリッチなグリーンスムージーを飲みたいときには、バナナとりんご、キウイ、オレンジ、パイン、小松菜、ほうれん草を入れるというものです。キウイやパインは少し値段のはるフルーツですし、入れる種類も多いので毎日続けるとなると家計も苦しくなりますが、ちょっとリッチに飲みたいときにおすすめです。甘酸っぱくて美味しいグリーンスムージーを楽しむことができます。

 

たまに味に変化をつけたいという場合には、バナナとりんご、小松菜という定番の組み合わせにお好みのドライフルーツを入れるのがおすすめです。毎日同じ味だと飽きてしまうので、ドライフルーツを入れることで、アクセントになります。ドライフルーツは好き嫌いあるので、ドライプルーンを入れたり、ドライマンゴーを入れたり、お好きなものを入れるのがポイントです。

 

グリーンスムージーの組み合わせでひとつだけ気を付けなければならないのは、野菜を毎日同じものにするのではなく、ローテーションさせるということです。例えば、今日小松菜を入れたら、次の日はほうれん草、その次の日は大葉、その次の日はセロリといった具合です。せっかく栄養を摂ろうとしているのに、毎日同じ野菜を摂取して偏ってしまうのでは勿体ないです。

 

おいしいグリーンスムージーの材料とは

グリーンスムージーのおいしい材料の定番といえば、バナナです。バナナは甘味のあるフルーツのひとつなので、自然な甘みを感じることのできるスムージーをつくることができます。また、バナナの価格は他のフルーツと比べて手頃な値段で購入することができるので、毎日スムージーをつくろうと思ったときに心強い味方になってくれます。バナナと何かひとつの野菜だけの組み合わせでつくっても美味しいスムージーをつくることができます。

 

りんごもバナナと並んでグリーンスムージーの定番の材料のひとつです。りんごは、甘酸っぱい味わいなので、トロピカル系が好きな方は好んで飲むことのできる味に仕上げることができます。りんごとバナナのダブル使いをすると、さらに美味しくいただくことができます。

 

りんご以上にトロピカルな味わいを楽しみたいなら、マンゴーやキウイを入れるのがおすすめです。より甘酸っぱい味わいを楽しむことができ、野菜を入れても味をしっかりと主張してくれるので、お子さまでも野菜を感じることなく美味しくいただくことができます。ただし、りんごやバナナに比べて、少々値段がはってしまうので、毎日入れ続けるのは少し難しそうなフルーツです。

 

グリーンスムージーに入れる定番の野菜は、小松菜やほうれん草です。小松菜とほうれん草は、万能野菜と呼ばれるほど栄養価が高く、ビタミンとミネラルを豊富に含んでいるので、手っ取り早く栄養を摂ることができます。ただし、野菜は毎日同じものではなく、ローテーションさせて摂取した方が良いので、小松菜やほうれん草の他に、セロリや大葉、水菜、サニーレタスなどもグリーンスムージーの定番です。

 

野菜の変わり種として入れても美味しい材料といえば、パセリと豆苗です。パセリは、口当たりが爽やかなので、匂いが嫌いという方でなければ、おいしくいただくことができます。さらに、美容成分も含まれているので、美肌を目指している方におすすめです。豆苗は少し苦味があるので、苦味が好きな方におすすめの材料です。また、豆苗はスーパーで安く手に入れることができるので、とても経済的です。

 

更新履歴